男はつらいよ 第15作「寅次郎相合い傘」見どころ



Pocket
LinkedIn にシェア

浅丘ルリ子演じるさすらいの歌手・リリーは、前回ではすし屋の毒蝮三太夫と結婚したんだが、やっぱり離婚。それで、柴又のとらやを訪ねるんだが、その頃、寅さんは、自由を求めて家出したサラリーマンパパ兵頭といつもの放浪の旅の青森の空。




第11作 男はつらいよ「寅次郎忘れな草」から続くリリーシリーズだね。

その後、函館へ渡りると、なぜかばったりとラーメン屋でリリーと再会する。

あれ、りりーーーーー!
寅さんじゃないのーーーーー!
ラーメン抱えておどおどする船越英二パパ。

それで三人の旅となり、札幌では、三人でテキヤをやったりと、気軽な旅。となったが、船越英二の兵頭パパが初恋の女性を訪ねて小樽へ来たが、喫茶店経営で苦労している姿を見てひき返す。

その流れで「女の幸福」について寅さんとリリーは論議しはじめるのだが、姉妹には大喧嘩。三人の旅は終わり、別れ別れになるわけなのだが。

とらやに寅さんが帰ってくると、やっぱりリリーと再開。船越パパが、旅のお礼に訪ねてきて、当時はとても貴重な果物だったメロンを置いてゆく。

おなじみのメロン事件で、リリーと寅さんは、またもやケンカ!

だが。

仕事から帰ってきたリリーは、改札をでると、はたと気がつく。

とらさんじゃない。

迎えに来てくれたのーーーーーーー!

ばかやろー、●●●だよ~!

(これは、男はつらいよ屈指の名台詞なもんで、観てない人は、映画を実際に観て、感じてちょうだいな)

でまた、いろいろあって。

寅さんは、旅にでる。

海。

ともあれ、男はつらいよ 第15作「寅次郎相合い傘」は、面白さ、わびしさ、愛らしさ、ユーモア、涙、バカヤローがてんこ盛り。

さあ、今すぐ、男はつらいよ 第15作「寅次郎相合い傘」をAmazon Prime Videoでお試し一ヶ月間無料で観る

ともかく一ヶ月間お試し無料で、寅さんを第1作目から観る!

Pocket
LinkedIn にシェア


Amazon Prime Videoはこちらから




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク