Kindle Paperwhiteを発注したら、どんな梱包でくるのかを実証。



Pocket
LinkedIn にシェア




Kindle Paperwhiteを購入しました。値段が安くなるので、キャンペーン情報つきモデルにしてみました。

Kindleという製品自体の写真はいろいろ出ていますが、実際届けられるときにどんな梱包でくるのかを、ここで開梱の段階それぞれを報告します。

まず、外箱はこんな感じ。

外箱から中を抜き取ると、amazonのロゴが入った荘厳な感じの中箱が出てくる。

中箱をひっくり返すとジッパーのようなシールで封緘さzれている。

これを剥がすのだ。

ぴり

ぴりぴり

全部剥がし終えて、表を上に戻して、ソロリソロリと開ける。

忽然とKindleというロゴが出ている、
そして、そのまま中央右下のスイッチを押せ、という指示が出てくる。

Kindle本体を静かに引き出すと、その下にまたブラックの梱包用紙が出てくる。

なるほど、暗に本体下にある電源ソケットと電源スイッチの開設がシンプルなイラストで描かれている。
そして、その下にKindle Paperwhiteの文字が書かれた丸ふちの紙が。まだあるのか。

その下には、さらにamazonのロゴに巻かれたコードが丸められてしまわれている。」

USBの電源コードだった。

さて、続きはまた明日。」

Pocket
LinkedIn にシェア


Amazon Prime Videoはこちらから




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク